セフレサイトには注意する

サクラ情報が多い出会い系サイトのジャンルとして、セフレ募集掲示板であったり、セフレ専門のサイトです。
確かに、セフレを作りたいと思っている人は男女問わず多いはずです。しかし、悪質な業者は人の弱みにつ付け込んでお金儲けを企んでいるということを頭に入れておいてください。

「セフレ希望」という言葉に騙されないでください
セフレ専門のサイトで多いサクラの被害が、セフレ希望といいながら、実際の目的は援交であるケースです。通常の出会い系サイトのサクラの種類としては、男性会員にポイントを消費させることが大半ですが、セフレサイトでは異なります。
厳密にはサクラとは違った意味になるかもしれませんが、ユーザーを騙している点においては『さくら』と呼ぶのがあっています。

よくある掲示板への書き込み例として、「セフレ募集中!でも最初は身体の相性をみるために3○、ホテル別希望です。場所は○○駅希望です。」という書き込みをみたら間違いなくサクラです。
まず、この書き込みで怪しいのが、セフレ募集中といいながら、最初はお金をくださいという援助希望ということ。そして、駅を指定してる点がさらに怪しさを増しています。ちなみにホテル別というのは、ホテル代も全額払えという意味です。

セフレは対等な立場でなければ成立しません
セックスフレンドを探しはじめたばかりの人は最初にお金を払うのは当たり前かと思ってしまいますが、違います。
セフレは基本的に対等な立場になければ成立しません。ホテル代とかは男性が多くもったりしますが、場所にしてもお互いの都合の良い場所を選んだりするはずです。
しかし、下記のような人であれば、サクラでも問題ありません。

  • 援際でもよいので相手を見つけたい。
    指定する駅が最寄で援助額も低い場合。

上記のような理由であれば問題ありませんが、本気でセフレを探している人はセフレの定義やセフレができるサイトを利用することをおすすめします。

出会い系サイトは使う前が肝心!

恋人を探すためだけでなく、趣味友やセックスフレンドを探すために出会い系サイトを利用する方法はもう一般的ですよね。大手出会い系サイトだとイククルやハッピーメール、Yahooパートナーなどがあります。
ただ、どのサイトを利用すればいいのでしょうか。
「出会い系サイト」で検索すると驚くほどの検索結果が表示されます。その数ある出会い系サイトの中には優良サイトもあれば、悪質な出会い系サイトもあります。
なので、利用する前には必ずその出会い系サイトを吟味するようにすることが必要です。
数ある出会い系サイトを見極めるときに役立つポイントを紹介します。

  • 登録人数をチェック
    利用しようとしている出会い系サイトに登録している人数に注目してください。その人数が多いサイトは優良サイトと言えます。
    なぜなら利用する人の口コミやレビューで利用者の数はすぐに変動しますし、利用人数が多いとそれだけ運営がサイトに力を入れていることを表すからです。
  • 利用規約をチェック
    利用しようとしている出会い系サイトの利用規約を熟読するようにしてください。このとき利用規約が目立たない場所にあるようなサイトは使わないほうが吉です。
    このとき、金額だけでなく、個人情報などの保護にも注目してくださいね。より女の子を大切に考えているサイトは良いサイトと言えます。サポート体制が備わっているサイトを利用することをおすすめします。

以上のようなポイントが良い出会い系サイトのポイントと言えます。
もちろん、すべて当てはまったからと言って必ずしもいい出会い系サイトとは言えないかもしれません。ただ、このポイントを押さえていないような出会い系サイトには優良な所はないと言えます。
なので、是非このポイントをおさえている出会い系サイトを利用するようにしてください。

電話番号の成りすまし!?

万が一、悪質な出会い系サイトを利用し、電話番号を知られている場合、架空請求の督促電話が引っ切り無しにかかってくるかと思います。
基本的に悪質な出会い系サイトからの電話やメールは無視し続けて構いません。あまりにもうるさいようなら着信拒否をしても大丈夫ですし、それによって延滞料金が発生し膨大な額の利用料を払わなければならないということもありません。
けれども、この電話に出ないという選択肢ができるのは、あくまで携帯電話の画面に表示された番号が出会い系サイトのものだった場合です。
もし、登録されていない電話番号からかかってきたらどうしますか?
そして、その登録されていない電話番号が警察や裁判所の電話番号だったらどうしますか?

成りすまし電話
最近、発信者番号の偽装によって警察や裁判所の電話番号を使い、うまいこと言いくるめて電話をかける出会い系サイトがあらわれています。
電話をかけられた人は焦ってその電話番号を調べてみても、実在する電話番号だから慌てて払おうとします。
かけなおしてみても、偽装は偽装なので本来の警察や裁判所にかけなおしたことと同じです。
今までの常識を覆す手口に、被害は続出しています。
悪質な出会い系サイト以外でも振り込み詐欺でこのような手口でだまし取った事例が後を絶ちません。

もともと、海外にある企業が個人情報を守るためにこの電話番号偽装サービスを始めたのですが、今ではお金を騙し取るための手段として使われています。
電話会社も対応していますが、まだ完璧とは言えません。
なので、そういった心配がないような安全性の高い出会い系サイトを使うようにしましょう。

おいしい話にご用心

出会い系サイトで知り合った人や知らない人からいきなり、
「社長夫人という肩書きで毎日ストレスを感じています。お願い、お小遣い200万円あげるからお姉さんのストレス発散に付き合って」
というメールや、
「私の彼氏って仕事もルックスも性格も百点満点なんだけど、夜の方だけは0点。体の相性ってあるのカナ・・・? だから欲求不満になっちゃって・・・。完全割り切りの関係で良かったらセフレになってくれないかな?」
というメールが来ることがあると思います。
果たして出会い系サイトでこんな美味しい思いができるのでしょうか。

正解は限りなくNOです。

こういった提案をしてくる人はサクラと見なして構いません。
また、仮にメール内容が本当だったとしてもお金や身体以上の代償を科されることがあります。出会い系サイトから殺人までに話が飛躍する時代だから、ただの美味しい話には必ず裏があると思って話半分で聞くようにしましょう。
特にえっちな写真つきでメールを送ってくる人は99%サクラと思ってください。
男性が食いつきそうな文章、男性が喜びそうな写真を送ってくるのは、その心情を逆手に取った男性です。

一縷の希望にかけてみたくなる気持ちも分かります。
棚から牡丹餅が出てくるような展開、誰だって夢を見てしまいます。
けれども、現実は厳しいもの。
美味しい話には乗らず、地道に良い子を探していきましょう。
その過程も出会い系サイトの醍醐味の一つですから。

サクラを見抜くテクニック~その2~

前回、サクラかどうかを見抜くには電話をすることで見抜くことができると書きました。(参考記事:サクラを見抜くテクニック)
けれど、何らかの事情があって電話をすることが困難な人もいますし、電話が嫌いな女性だって珍しくはありません。電話料金に気を遣ってくれる人もたまにはいます。
なので、電話をすること以外でサクラをサクラと見抜く方法を紹介します。
今回紹介するのはこちらから何もアクションせずとも、相手から「お暇でしたら会いませんか?」「プロフみて気になっちゃいました」と唐突に好意がにじんだメールが来た場合の対処法を紹介します。
ちなみにこういったメールはほぼ100%サクラ・ヤラセですが、中には本当にあなたのことが気になってメールを送りたかったという人もいるのでこのテクニックを使わないのは出会う機会を損失していると言えます。

  • ニックネームに「さん」をつける
    相手が機械やツールを使って自動的に返信している場合、この方法でほぼ100%機械か人間かを看破することができます。
    たとえば、ニックネームを「ノボルさん」と設定し、返信メールの名前が「ノボルさんさん」になっていれば、ツールで自動的に「さん」付けしていたことが分かります。
    いくらサクラでも人間が文章を作成していた場合、こんな不自然なことはしません。
  • わざと漢字を間違える
    また、この方法でもほぼ100%機械か人間かを看破することができます。
    メールで「今は東京に住んでいます」というのを、敢えて「今は東今日に住んでいます」とわざと間違えて下さい。
    これで返信文が「東今日」のままで会話を続行しようとしているなら、それはツールによる返信です。
  • 直アドや電話番号を聞く
    機械と違って、人間のサクラを見抜くのはもっと簡単です。
    会話を盛り上げるだけ盛り上げて(もちろん、盛り上げることにお金をたくさん使う訳にはいかない。少額しか使わないように)、いざ会おうという段階で初めてメールアドレスや電話番号を聞いてください。
    それらの情報を教えないで会うということはありえませんから。

こういったテクニックを駆使して、サクラを見抜き、賢く出会い系サイトを利用するようにしましょう。

サクラを見抜くテクニック

出会い系サイトで出会おうとするときの最大の障害とは、サクラです。
けれど、サクラを避ける術はなかなかなく、サクラのいないサイトというのは探すのにどれだけの時間を費やせばいいのか検討つきません。無料の出会い系を使えばサクラ被害にあう確率は低くなるものの、同じように女の子とあう確率も下がってしまいます。なぜなら質の良いサービスが使える優良サイトは基本的に女性は無料なところが多いからです。
なので、サクラかどうかを見極めるために、メールや掲示板で話している相手とは早い段階で電話をするようにしましょう。
電話ですから声が分かりますもんね。それがたとえ機械で合成したような声でもよく聞けば簡単に見抜くことができます。

また、女性の声で年齢も見抜くことができると思います。
ためしに10代の子の声と40代の女性の声を聞き比べてください。はっきりとした違いを感じることができるはずです。
自分の求めていた相手の年齢にはふさわしくない声が聞こえたら、ほぼサクラと思って間違いないでしょう。

そして、若い声(自分の求めていた年齢であろう声)のサクラだった場合、どうすればいいのか。
たしかにこの場合、年齢で確かめるのは難しいです。
けれど、ここでは電話であることのアドバンテージを活かしましょう。
天気のネタや地元のネタなどローカルな話題を振ってください。それこそ、知る人ぞ知るネタでも構いません。
出会い系サイトで相手を探している場合、同じ地域の人を対象にして探すことがほとんどだと思います。
ならば、そんな相手なら地元のネタならわかって当然です。
相手が答えを出すのにあまりに時間がかかるようならサクラと見なして構いません。

この上記の方法でほとんどのサクラを避けることができます。

悪質な出会い系サイトとは

出会い系サイトは数多くあり、中には驚異的な確率で出会えるところもありますし、その出会い系サイトを利用することでセフレも恋人も作れたという人もいます。
けれど、それとは逆に悪質な出会い系サイトに引っかかり、架空請求メールや同時登録メールに悩まされているという方も多くいます。むしろ良い思いをした人より、悪質な出会い系サイトに騙されたという人の方が圧倒的に多いです。
では、その悪質な出会い系の手口とはどういったものなのでしょうか。

悪質な出会い系サイトの手口と誘導するテクニックは人の心理をついたものが多いです。
悪質な出会い系サイトは「異性に会いたい付き合いたい」という気持ちだけでなく、「有名人とお近づきになりたい」「相談に乗ってほしい(乗ってあげたい)」「内職(副業)をしてお小遣いを稼ぎたい」などなど、利用者・消費者の心理を利用し、そういったメール送ったり広告を載せることで誘導していることが多いです。
今の時代、異性との出会いをプロデュースすることがだけが出会い系サイトではありません。そして、悪質な出会い系サイトほどこういった多種多様なからめ手で誘導してくるので注意してくださいね。

また、サクラが多くいるような悪質な出会い系サイトの特徴として課金を頻繁に行うようなサイトがあります。
登録料や一定期間のメールやりとり、最初に付与されるポイント分は無料でサイトを利用できるけど、そのあとはサービスを利用するたびに課金することを要求されます。騙された人はメールが盛り上がってきた、もう少しで電話番号が聞けそう、会う約束の途中で連絡が途切れるのは嫌なので課金をさせるという手法ですね。
少し違いますが、一定期間の無料サービスやポイント消費が終わった後は何もせずとも自動的にポイントがなくなる(もしくはポイントを購入しても購入したことになっていない)というより一層悪質な出会い系サイトもあります。
なので、どの出会い系サイトでも必ず料金体系を見てからサイトを利用するようにしましょう。

出会えるアプリを有効活用する

最近ではスマートフォンと呼ばれるアンドロイドやiPhoneなどの端末の普及が急速に進み、アプリと呼ばれるアプリケーションも普及しています。
そんな中で出会う方法にも変化がみえつつあります。
つまり、出会い系の形に変化がみられてきています。

スマホの特徴として、アプリを利用できる点、そして気軽にインターネットができるようになった点があげられます。ですので、従来の出会い系サイトのようにウェブサイトにアクセスして出会い系サイトも利用することができますし、アプリとしてリリースしているサイトに関してはアプリからも利用できるようにもなっています。

しかし、全く違ったアプローチの方法もあるのです。出会い系サイトではないけど出会えるアプリが存在する。
つまり、SNS機能をもち人と簡単にコミュニケーションをとることができるアプリを利用すれば問題ないのです。

今出会えるアプリとして注目を集めているのがLineやカカオトークです。
ラインもカカオトークもアプリ利用しているユーザーであれば、無料で通話やチャットを楽しむことができる画期的なアプリなのです。
利用条件として会員IDがわかってること、もしくはすでに電話帳などに登録されていることがつながる条件になります。

今話題、そして問題になっているのが、公式サイトでないLineやカカオトークの掲示板アプリもしくはサイトです。
これは掲示板内に自分のLineやカカオトークのIDを書き込み相手から連絡がくるのをまつ、もしくは自分から掲示板で探して相手に連絡するなどの方法です。この掲示板を利用すれば、出会い系サイトを利用しなくても完全無料で出会うことが可能なのです。

しかし、Lineやカカオトークといったアプリ単体では出会えることができないので、出会えるアプリなのかどうかについては疑問が残るところです。
その他の出会えるアプリとしてスカイプなどもあります。下記サイトで出会えるアプリについて紹介していますので参考にしてください。

サクラのいないサイトの探し方


完全にサクラがいない出会い系サイトを探しだすのは不可能かもしれません。
しかし、サクラが存在しなさそうなサイトをみつけて利用しなければ、サクラの被害にあってしまうのも現実です。
ここではサクラがいないといわれている出会い系サイトの特徴などについて説明していきます。

サクラの被害を少なくするにはサクラの種類について理解しておかねばなりません。
例えば、男性にポイントを消費させることが目的のサクラなら、有料サイトにしなく、しかも定額制サイトではんくポイント制の出会い系サイトにしか存在しないサクラである。などの最低限のサクラの種類については理解しておかなければいけません。

出会い系サイトは大きく分けて無料サイト・有料サイトとありますが、前述した通りサクラにはさまざまな種類のサクラがいます。もちろん無料の出会い系サイトにも存在します。
その中からサクラが存在しないサイトを自分で探しだせるなんてお考えの方がいたら、考えを改め直してください。

例えば、外食するときのお店を探す場合、どのようにさがしますか?
インターネットで『ぐるなび』や『食べログ』などの口コミ評価を見て店を探しませんか?
出会い系サイトの探し方も全く同じです。

実際に出会い系サイトを利用した人の口コミ情報を参考にして利用するサイトを選定したほうがいいのです。
サクラの存在や被害情報を共有することができるからです。
全くサクラが存在しないというサイトは少ないかもしれませんが、被害を最小限に減らすことはできます。

では、出会い系サイトの口コミ評価をしてくれているサイトなんてあるの?という疑問が浮かぶかもしれませんが、意外と多く存在します。
よくランキング形式で出会い系サイトを評価・紹介しているサイトがありますが、そういった種類のサイトを探し、利用するサイトを決定すればいいのです。

下記におすすめる比較サイトを紹介します。

サクラの種類


サクラの種類について説明しています。
サクラといっても現在ではさまざまなタイプの詐欺手口があり、全てを把握しておかなければ、痛い目にあってしまいます。

ポイントを消費させる
このポイントを消費させるタイプのサクラはポイント制の出会い系サイトに多くいるサクラです。
ポイント制のサイトはメールの「送受信」「メールをみる」「掲示板に書き込む」など、サイト内のサービスを利用するのにお金がかかります。
つまり、男性会員にポイントを消費してもらわなければ、サイト事態が運営することができないため、サクラを使って男性会員にポイントを消費させるサイトが多いのです。

具体的によくあるサクラの事例を下記に書いていきます。

  • プロフィール画像が以上にかわいい。
    出会い系サイトでモデルのような美人が利用していないとはいいませんが、良く考えてください。すごい美人が利用している確立はそんなに高くないはずです。
  • 会う約束の日にドタキャンする。
    会う約束をして、当日ドタキャンする女性はほぼ100%サクラです。
  • 会話がおかしくなる。
    自動でメール返信している場合があり、明らかに質問と違う答えのメールが返ってくることがある。
  • ポイントがなくなりそうになると女の子からアプローチメールがくる。
    ポイントが残りわずかになると、複数の女の子がメールがくる。
  • 過激すぎるメールが送られてくる。
    猥褻な内容のメールが送られてくる。いきなりエッチなメールを送る女の子がいると思いますか?

ポイントを消費させようとするサクラは上記パターンが主流と言われています。

他のサイトへの勧誘する
他のライバル出会い系サイトの業者が他のサイトや他のサービスに勧誘するサクラです。
多くの場合が、女性になりすまし、「こっちのプロフィールサイトを使ってるので、お願いします。」という感じで男性を誘導し、知らない間に無料会員登録させる業者誘導サクラです。

大きくわけてサクラの種類は上記2種類だといわれています。
下記にサクラの悪徳な手口を詳しく紹介しているサイトを紹介しています。